不動産買取事例① ストレスなく売却し新生活へ

   

不動産買取事例① ストレスなく売却し新生活へ

2か月後に、既に契約済のマンションに引っ越す予定のお客様から、お住まいの不動産についてご売却の相談を頂きました。

 

引っ越しに際し、今のマンションは不要なので売却したい、という理由でした。

築年数は約30年、綺麗にお使いでしたが、リフォームはほどんどしていませんでした。

 

引越し先のマンション購入費用は、自宅売却のお金を充当せずに購入可能、

いわゆる、買換え先行型の不動産取引です。

 

購入費用は既に用意出来ている為、売却は急がなくてもいい状況です。

その場合の一般的な流れとしては、

 

①購入した新築マンションへ引っ越し

②旧自宅の整理(引っ越し後の不用品撤去や清掃など)

③ハウスクリーニング、費用対効果の高いちょっとしたリフォーム(クロス張替えなど)、故障、不具合の補修、修復

④晴れた日に一眼レフで室内、眺望、建物外観、周辺施設などを写真撮影

⑤販売方法や販促物(チラシ)のチェック、打ち合わせなどしてから売却活動スタート

 

買取ではなく、市場に売りに出し、一般顧客向けに販売する場合は、このような方法で販売活動を行います。

 

ここで、今回のポイントと売主様の状況を整理します。

  1. 売主様は資金に困っておらず、急いで資金化する必要はない
  2. 現在の自宅には借り入れが無く、維持費は固定資産税・都市計画税・管理費・修繕積立金・電気・ガス・水道代の基本料金のみ
  3. 引っ越してからの売却活動が可能なので居住中に人が見に来るストレスは無い
  4. 築年数が約30年経っている為、購入者はフルリフォームが必要
  5. エリア、価格帯、間取りから思考すると、購入者希望者はおそらく20代~30代前半のファミリー層で不動産一次取得者
  6. 購入者は 5. のような層なので自己資金は少なく物件価格、諸経費、リフォーム費用等を金融機関から借りて購入する可能性が高い。

 

懸念材料もありましたが、しっかりとした準備を行い、戦略的に販売活動を行えば、一般顧客向けに相場で売却することも十分可能な案件でした。

 

しかし、売主様は部屋を査定している間、買取も併せて検討したい。

とおっしゃいました。

 

「早くスッキリして新居での生活を楽しみたい。」

が一番の理由でした。

 

確かに、資金的にはすぐに売らなくても問題は無い。

 

ただ、せっかく新居に引っ越して、新しい生活を改めてスタートさせるにもかかわらず、

いつ売れるのか、どんな人に売れるのか、一体どれくらい価格交渉が入るのか、不具合があった場合どんなことを言われるのかなど、「不動産の売却」に意識が引っ張られるのはストレスがたまる。

 

それであれば、どんな家具を置こう。

近くを散歩しておいしいお店を探してみよう。

ご近所さんに挨拶して良いお付き合いをスタートさせよう。

子供を呼んで新居でパーティーをしよう。

前向きな行動に意識を持っていきたい。

 

それであれば、買取で一番良い条件の会社に売却し、

 

新生活を楽しむ方が人生が楽しくなる。

 

そのように言われ、結果的には複数社に価格を出してもらい、

好条件のところに買って頂き、スムーズに取引を終えました。

 

私個人的には、少しもったいない気もしましたが、

そのお客様にはその後、新居に招待してもらい、お子様夫婦をご紹介して頂き、最初の住まい、お買換えして次の住まいもお手伝いさせて頂きました。

 

また、数年後、もう一人のお嬢様夫婦のお住まいまでお手伝いさせて頂きました。

 

トラブルなく、適正な価格で、スムーズに取引が進んだおかげで、

とても良いご縁を頂きました。

 

買取の場合、買主は不動産のプロです。細かいことは売主様のご希望に合わせて頂けます。

 

故障・不具合、残置物などに対しての柔軟な対応、契約、引き渡し日時などの融通や、イレギュラーなお願いなど、価格以外のところは売主様の要望通りに進めらることも多くあります。その為、ストレスなく取引が終了し、ご満足頂けるのです。

 

不動産の売却について、少しでも参考になれば幸いです。

 

お悩みがあれば当サイトを一度お試し下さい。

 

結果的にご条件に合わない場合は、一般的な売却活動でお手伝いさせて頂く事も可能です。

また、あくまでも第三社的な立場からアドバイスさせて頂き、他の不動産会社をご紹介させて頂く事も可能です。

 

お気軽にお問合せ下さい。

 

今回の買取事例の経緯・おさらい

  • 売主様が「価格」よりも「手間なくスムーズに」という条件を優先していたこと
  • 買取業者がより高い価格が出せる、築年数・価格帯・広さだったこと
  • 複数社に紹介した結果、強気な価格を提示してくれた業者を見つけ出せ、市場に出して売却する金額と買取業者の提示金額の差が売主様が思っていたより少なかったこと
  • 築年数が古く、取引後のトラブルを心配して法人への売却が良いと感じたこと
  • 売主様が、限りある時間を有意義に使いたい。と強く思っていたこと

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。